痛みが少ないムダ毛の処理方法は?

色々ある自己処理の方法:痛みが少ないのはどれ?

ムダ毛の処理には、自分で行う場合とプロにお任せする方法とがあります。さまざまな方法がありますが、痛みが少ないのはどんなやり方でしょうか。

まず自己処理する場合。剃刀や電気シェーバーなどで剃る方法、毛抜きやワックス、脱毛テープを使って毛を抜く方法、除毛クリームなど薬剤を使用する方法などがありますね。この中でも大きく痛むのはワックスです。テープは、商品にもよりますが、ワックスよりはやや痛みは軽め。その分、抜く力も弱めで、抜き漏れが発生します。毛抜きは、部位にもよりますが、一瞬ちくりとするだけで済みます。自分で処理する場合、痛みが最も少ないのは剃刀やシェーバー、または除毛クリームの使用ということになります。
いずれの方法も肌や毛穴には負担がかかり、方法によって赤みや痒み、炎症、埋没毛の発生などを招く可能性があります。また、いずれの方法も繰り返し行う必要があります。

プロに頼んでの脱毛:痛みがすくないのはどっち?

プロに脱毛をお願いする場合は、サロンとクリニックのふたつの選択肢がありますね。どちらも肌に光を照射してダメ―ジを与える方法が、脱毛の主流となっています。ただし使用する機器の照射力が異なります。
クリニックでは、医療機関にのみ使用を許された医療用レーザーを用いて脱毛します。そのため効果が高く、永久脱毛も可能です。ただし痛みは強くなります。個人差はありますが、特にVIOは、多くの人が強い痛みを感じています。また高温で毛根を破壊するため、肌へのダメージもあります。
サロンで用いる光脱毛機器は、異なる波長の光を当てて毛根にダメージを与えます。クリニックで用いるレ―ザーに比べて照射力が弱く、永久脱毛はできず、一時的な減毛となります。脱毛完了までの期間も長めです。ただし、痛みは弱めです。

時間がかかっても痛みの少ない方がいい場合は、サロンがおすすめです。

意外とムダ毛が目立つのは場所は腕だということを知っていますか。処理し忘れて出掛けてしまい、「しまった」と思った経験がある方も多いと思います。そんな方は腕脱毛を新宿でしてみることをおすすめします